日テレNEWS
カルチャー
2021年12月14日 19:30

永瀬廉「かっこいい映画になった」

永瀬廉「かっこいい映画になった」
(c)NNN

映画『真夜中乙女戦争』(2022年1月21日公開)の完成披露イベントが、映画の重要な舞台である東京タワーで行われ、King & Princeの永瀬廉さん(22)、池田エライザさん(25)、柄本佑さんが登場しました。

映画は、平凡で退屈な日々を送る青年の日常が、“先輩”や“謎の男”との出会いをきっかけに一変していく姿を描いた作品。永瀬さんは主人公の無気力な大学生“私”、池田さんは聡明(そうめい)な“先輩”、柄本さんは謎の男“黒服”をそれぞれ演じました。

この日、人生で“初めて”東京タワーに来たことを明かした永瀬さん。「この“初めて”が自分の映画の完成披露イベントとなって光栄な気持ちで、東京タワーの偉大さにも改めて感動しています」と感慨深い様子でコメントしました。

完成した映画を見た感想を求められると「クランクインの前から二宮監督と“かっこいい映画にしようね”という約束をしていました。見た瞬間、かっこいい映画になったなと、我ながら思えました」と満足げに語りました。

池田さんは役の演じ方に悩んだそうで「(演じた)“先輩”が自分の想像を超える立ち回りをするので、ついていくのに必死で、ジャンヌ・ダルクのようなかっこよさやおちゃめさをどう表現すれば・・・という思いがありました」と明かしました。

また、共演した永瀬さんについて「一番切羽詰まった役だったのに切羽詰まった顔をしていなかったから、おとぼけ三兄弟みたいだった。もっと集中した顔をしていたら話しかけなかったと思うのですが・・・」と話した池田さん。すると永瀬さんは「褒めてくれてるんだと思うんですけど、集中していなかったみたいな言い方はやめません?」とツッコミ、これには池田さんも「ひょうひょうとお芝居をされていて・・・(笑)」と笑いながら訂正しました。


『真夜中乙女戦争』
2022年1月21日(金)全国公開
(c)2022『真夜中乙女戦争』製作委員会
配給:KADOKAWA


画像:映画『真夜中乙女戦争』に出演する柄本佑さん(左)、永瀬廉さん(中央)、池田エライザさん(右)