日テレNEWS
カルチャー
2022年8月3日 23:29

泉ピン子「来なくていいよ~嫌だよ~」 初の朗読劇に“渡鬼ファミリー”が来場予定

泉ピン子「来なくていいよ~嫌だよ~」 初の朗読劇に“渡鬼ファミリー”が来場予定
朗読劇に初挑戦した泉ピン子さん

女優の泉ピン子さん(74)が3日、東京・豊島区で行われた朗読劇 泉ピン子の『すぐ死ぬんだから』(8月4日~14日東京公演)の公開稽古に登場。初日を前に今の心境を明かしました。

■脚本家・内館牧子さんの同名小説が原作の朗読劇

朗読劇は、脚本家・内館牧子さんの同名小説が原作。亡くなった夫に愛人と隠し子がいたことを知った主人公が、プライドをかけ残りの人生をどう生きるのか、奮闘する様子を描いた物語です。泉さんと俳優の村田雄浩さん(62)の2人だけの朗読劇で、東京や大阪など全国12か所で公演されます。

■「読める漢字が急きょ読めなくなっちゃった」

今回、朗読劇に初挑戦する泉さんは公開稽古を終えて、「朗読劇って大変なんですね。読める漢字が急きょ読めなくなっちゃったりとか。“骨”という漢字が読めなかったんです…。笑っちゃいます。芸歴55年でも意外とあがるんだなって。そういう失敗もあっていいじゃんって思いながら帰って落ち込むのよ」と、悔しさをにじませました。

■“渡鬼ファミリー”来場予定 「来なくていいよ~。嫌だよ~」

また公演には、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の役者仲間が見に来る予定のようで「きょう楽屋に入ったら、水の差し入れがラーメン屋の夫(角野卓造さん)から来てたんですよ。それで(佐藤)B作ちゃんと2人で来るらしいんですよ。来なくていいよ~。嫌だよ~。新劇2人は来なくていいよ。(来る)日にちは言わないで~」と緊張した様子を見せました。