×

「良いことあるように」白河市で「白河だるま市」開催【福島県】

2024年2月11日 16:41
「良いことあるように」白河市で「白河だるま市」開催【福島県】

白河市では300年以上の伝統を誇るだるま市が開かれています。

会場のJR白河駅前にはおよそ500の露店が並び、だるまや温かい飲み物、食べ物などが販売されています。縁起物として知られる「白河だるま」は、顔には鶴や亀、松竹梅が描かれていて福を呼ぶ縁起物として知られています。

■だるまを購入した人は
「毎年サイズを一つずつ大きくしながら良いことあるようにとか目標を書いてそれがうまくいくようにということを考えながら買っています」

会場には午前中から多くの人が訪れ、1年の福を願いながら、だるまを買い求めていました。白河だるま市は11日午後6時まで開かれています。

    福島中央テレビのニュース