日テレNEWS
経済
2010年1月7日 18:31

日経平均1万681円66銭 7日終値

 7日の東京株式市場で、日経平均株価は4日ぶりに値を下げ、前日比49円79銭安い1万681円66銭で取引を終えた。

 前日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、8日の失業率発表を前に積極的な取引が控えられ、ダウ平均株価はほぼ横ばいで推移した。この流れを受けた7日の東京株式市場は、投資家が買う判断をする材料が少なく、朝方から小幅な値動きとなった。また、為替市場の円相場は1ドル=92円台前半で推移し、円高基調は一服したものの、自動車など輸出関連株は利益を確定するための売り注文が出るなど、値動きは限られたものとなった。午後からは、これまで3日間連続して値を上げてきたことへの警戒感も出て、売りが優勢になり、下げ幅は一時90円を超えた。

 東証1部の売買代金は概算で1兆5073億円。売買高は概算で23億3526万株。