日テレNEWS
経済
2010年1月7日 22:50

ハウス食品HP閲覧でウイルス感染の可能性

 「ハウス食品」は7日、新卒採用のホームページを見た人のパソコンがコンピューターウイルスに感染する可能性があると発表した。

 採用ホームページ内の新卒採用情報ページが何者かの不正なアクセスによって改ざんされ、先月15日から今月5日までの間に閲覧した人のパソコンがコンピューターウイルス「ガンブラー」の亜種に感染する可能性があるという。対象者は最大で1万2000人。

 感染したパソコンを使用すると、意図しないサイトに誘導される可能性があり、ハウス食品は、ウイルス駆除ソフトによる対応を呼びかけている。今のところ、個人情報流出などの被害は報告されていない。

 「ガンブラー」の亜種をめぐっては、「JR東日本」や「ホンダ」「ローソン」などでもホームページが改ざんされる被害が出ている。