日テレNEWS
経済
2010年2月1日 18:43

日本航空、稲盛会長と大西社長が就任

日本航空、稲盛会長と大西社長が就任
(c)NNN

 「日本航空」は1日付で稲盛和夫会長と大西賢社長が就任し、新しい経営体制が発足した。

 稲盛会長は「日本航空を早急に再生させたい。企業の盛衰はリーダーの資質にかかっていると言われている。その意味で私の責任は重大であると自覚している」と述べた。

 当面の課題である「デルタ航空」もしくは「アメリカン航空」との提携について、大西社長は「なるべく早くに決めたいが、現段階ではニュートラルな状況だ」と述べた。

 また、稲盛会長は「国際線のない日本航空はイメージがわかない」とし、国内線、国際線ともに発展させていきたいとの考えを示した。最大の課題である経営の合理化については「民間としてビジネス展開するという原点に立ちたい」と意欲を示した。