日テレNEWS
経済
2010年2月3日 21:57

トヨタ副社長、リコール問題を閣僚に説明

トヨタ副社長、リコール問題を閣僚に説明
(c)NNN

 アメリカでのリコール問題などについて、「トヨタ自動車」佐々木真一副社長は3日、経産省と国交省を訪れ、信頼回復に努める考えを説明した。

 佐々木副社長は、アメリカでのアクセルペダルの不具合によるリコール問題などを受けて、状況を報告するため、3日午後5時過ぎに直嶋経産相と面会した。この中で、直嶋経産相は「迅速な対応をするべきだ」との考えを示したという。

 この後、午後6時過ぎには前原国交相と面会した。前原国交相は「大変心配なので、間違いなくお客様第一で対応するように」と述べた。前原国交相からは、新型「プリウス」への苦情が出ていることに関しても質問が出た。これに対して、佐々木副社長は「1件1件、申し出のあった苦情を精査して、原因対策をしっかりとらせていただきます」と説明したという。