日テレNEWS
経済
2010年3月15日 21:52

3月の月例経済報告、8か月ぶりに上方修正

3月の月例経済報告、8か月ぶりに上方修正
(c)NNN

 政府は15日に発表した3月の月例経済報告で、景気の現状判断を、先月の「持ち直してきている」という表現から、「着実に持ち直してきている」と8か月ぶりに上方修正した。企業収益が改善し、設備投資が下げ止まりつつあることや、雇用・所得環境の悪化に歯止めがかかったことが要因。

 また、個人消費では外食や旅行業界で改善が見られ、エコポイントなどの政策効果以外でも明るい兆しが見え始めたと指摘している。

 しかし、需要が供給を大きく下回る状態が続いており、政府関係者からは「デフレ脱却への道のりはまだ遠い」との声が上がっている。