日テレNEWS
経済
2010年3月23日 17:46

日経平均1万774円15銭 23日終値

 23日の東京株式市場で日経平均株価は小幅に値を下げ、終値は前営業日比50円57銭安い1万774円15銭だった。

 22日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は、アメリカの議会下院が医療保険制度改革法案を可決したことなどから、医薬品や保険の銘柄に買い注文が集中し、値を上げた。しかし、東京株式市場では、先週末までの短期的な株価の上昇が警戒され、当面の利益を確定する売り注文に押された。また、外国為替市場の円相場が先週末に比べてやや円高になっていることなどから、ハイテクなど一部の輸出関連株が売られた。一方で、原子力関連のニュースが注目された「東芝」や、連日、去年来の高値を更新した「ソニー」など、一部の銘柄で買い注文も入り、下げ幅は限定的だった。

 東証1部の売買代金は概算で1兆1799億円。売買高は概算で17億1874万株。