日テレNEWS
経済
2010年4月15日 21:59

フィリップ・モリス、たばこ値上げ取りやめ

 国内たばこ2位の「フィリップ・モリス・ジャパン」は、今年6月に予定していた紙巻きたばこの値上げを取りやめた。

 フィリップ・モリスは、「マールボロ」や「ラーク」など紙巻きたばこ全73銘柄について、一箱当たり20円の値上げを予定し、3月に財務省から認められていたが、結局、全銘柄の価格を据え置く。

 財務省によると、値上げを取りやめた理由は「認可後にあらためて市場調査を行ったところ、予想以上に販売数の減少が見込まれたため」という。申請が認められた後に値上げを取りやめた事例は過去になく、財務省はフィリップ・モリスに対し、消費者に混乱を招かないよう十分な周知徹底を求めている。

 なお、「ケント」などを販売する国内3位の「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」も、すでに値上げの申請を取り下げている。

 6月のたばこ2社による値上げは見送られたことになるが、今年10月には一箱70円のたばこ税増税が予定されている。