日テレNEWS
経済
2010年4月20日 18:39

チリ大地震の養殖施設被害、激甚災害に指定

 今年2月に起きたチリ大地震の津波による三陸沿岸などの養殖施設被害について、政府は20日、「激甚災害」に指定することを閣議決定した。

 激甚災害に指定されたのは、2月28日に発生した津波によるホタテ貝やワカメ、カキなどの養殖施設への被害。激甚災害に指定されることで、これまで個人が負担していた養殖施設の復旧費用のうち、90%を国が補助することとなる。今回の津波による被害額は宮城、岩手、三重、徳島、高知の5県で25億2000万円と報告されている。

 養殖施設への激甚災害指定は、台風による被害が深刻だった79年以来で、被害の調査や報告を待って、対象となる市町村を農水相が指定する予定。