日テレNEWS
経済
2010年5月7日 10:41

日経平均、200円超の大幅安で取引開始

日経平均、200円超の大幅安で取引開始
(c)NNN

 ギリシャの財政危機をきっかけとした世界同時株安を受け、7日の東京株式市場で、日経平均株価は大きく値を下げてスタートした。

 日経平均株価は取引開始から200円を超える大幅安で始まった。その後、下げ幅を拡大し、400円を挟んだ下げ幅で推移している。背景には、財政危機に陥っているのがギリシャだけでなく、ポルトガルなどほかのヨーロッパに広がりを見せていることがある。

 さらに円高が進んでいることも株安に拍車を掛けている。海外市場で、円相場は一時1ユーロ=110円台をつけたほか、ドルも一時約5か月ぶりの円高水準となった。急激な円高が輸出関連企業の業績悪化につながるのではないかという心配も広がっている。