日テレNEWS
経済
2010年5月7日 13:19

日経平均午前終値 今年最大の下げ幅を更新

日経平均午前終値 今年最大の下げ幅を更新
(c)NNN

 ギリシャの財政危機をきっかけに世界の市場で株価が大きく下がっている。7日の東京株式市場の日経平均株価午前の終値は、前日比400円06銭安い1万295円63銭で、6日に記録した今年最大の下げ幅を更新した。

 株安は、財政危機に陥っているのがギリシャだけではなく、ポルトガルなどほかのヨーロッパの国にも広がりを見せ始めていることが背景にある。さらに、急激に円高が進んでおり、輸出関連企業の業績悪化が心配されることも株安に拍車をかけている。外国為替市場で円相場が一時、1ユーロ=110円台をつけるなど大幅な円高水準となった。

 このため、欧州連合(EU)各国では7日、緊急に協議するほか、日銀も7日朝、資金面での対策を決めるなど各国が対応に乗り出している。