日テレNEWS
経済
2010年8月5日 9:03

ベトナム副大臣、日本の原発技術に期待感

ベトナム副大臣、日本の原発技術に期待感
(c)NNN

 海外でのインフラ整備工事をめぐって、各国の受注争いが激しくなる中、日本が原子力発電所などの受注をもくろむベトナムの担当副大臣が4日、「日本テレビ」のインタビューに応えた。

 ベトナムで海外からの投資について権限を持つ計画投資省のダン・フイ・ドン副大臣は「日本の原発のテクノロジーは素晴らしい。ベトナムが原発の2基目、3基目を開発するときは、日本は最も優先的なパートナーとして検討する」と述べ、日本が持つ原子力発電の技術に期待感を示した。ただ、日本が原子力発電所の建設工事を受注する条件としては、技術力に加えて、人材育成などの支援策を求める考え。

 ベトナムの原子力発電所をはじめとするインフラ整備をめぐっては、日本は官民一体で受注を目指している。