日テレNEWS
経済
2010年10月9日 1:03

米・英の外為市場で一時1ドル=81円台

米・英の外為市場で一時1ドル=81円台
(c)NNN

 アメリカ・ニューヨークとイギリス・ロンドンの外国為替市場で現地時間8日午前、急激に円高が進み、円相場は一時、95年5月以来約15年4か月ぶりに1ドル=81円台を付けた。

 現地時間8日朝に発表されたアメリカの雇用統計が市場の予想より悪かったため、アメリカの景気に対する懸念が広がり、ドルを売って円を買う動きが広がっている。

 また、アメリカの中央銀行にあたるFRB(=連邦準備制度理事会)が追加の金融緩和を行うとの見方が強まっていることも円が買われる背景にある。