日テレNEWS
経済
2010年10月13日 13:31

8月の機械受注統計 3か月連続増

8月の機械受注統計 3か月連続増
(c)NNN

 内閣府が13日朝に発表した8月の機械受注統計によると、民間企業の設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」は前月比10.1%増と大幅に増え、8435億円となった。増加は3か月連続となる。

 また、政府は、基調判断を「持ち直しの動きが見られる」から「持ち直している」へ4か月ぶりに上方修正した。

 内閣府・和田政務官は「予想以上に民需の底堅い動きが見られる」としながらも、自律的に回復するかどうかについては「もう1~2か月見る必要がある」と慎重な姿勢を示している。