日テレNEWS
経済
2010年11月9日 13:22

政府、TPPの基本方針を閣議決定

政府、TPPの基本方針を閣議決定
(c)NNN

 政府は9日、TPP(=環太平洋経済連携協定)の基本方針を閣議決定した。農業改革を行いながら「関係国と協議を開始する」としている。

 基本方針では、アメリカやオーストラリアなどが貿易の自由化を目指して交渉しているTPPについて、「関係国との協議を開始する」としている。また、コメなど競争力が弱い品目に配慮はしつつも「すべての品目を自由化交渉の対象」とすることなどが明記されている。一方、農業に与える影響への懸念が強いことなどから、TPPへの参加をただちに表明することは見送られた。

 政府は農業の競争力強化などを話し合う対策本部を設置し、来年6月をメドに農業支援の方針を決める考え。