日テレNEWS
経済
2010年11月15日 20:58

日本航空 最大250人を整理解雇へ

日本航空 最大250人を整理解雇へ
(c)NNN

 経営再建中の「日本航空」は15日、希望退職による人員削減が目標に達しなかったとして、乗務員の整理解雇に踏み切ると発表した。

 日本航空は、今月9日を期限にパイロット130人、客室乗務員140人の希望退職を募っていたが、応募があったのはそれぞれ20人と50人で目標を大幅に下回った。このため、現在休職している乗務員を含め、最大で約250人を整理解雇する方針。日本航空は今後、労働組合と整理解雇の基準などを協議していくことにしている。

 一方、この発表に先立って、民間航空会社の労働組合が加盟する航空労組連絡会は15日午後4時半ごろに会見を開き、日本航空の方針に強く反発した。航空労連は「今回の人員削減の目標人数は、職種を分けなければすでに達成している」として、「会社の方針は理解できない」と主張している。