日テレNEWS
経済
2010年12月22日 21:39

来年度実質GDP成長率は半減~政府見通し

来年度実質GDP成長率は半減~政府見通し
(c)NNN

 政府は22日、来年度の実質GDP(=国内総生産)の成長率について、今年度の約半分となる1.5%程度になるとの見通しを発表した。

 政府は22日、臨時閣議を開き、来年度の経済成長率の見通しについて閣議了解した。この中で、今年度の実質GDP成長率について、エコポイントやエコカー補助金など政策の下支え効果があったことなどから3.1%程度と見込んでいる。しかし、来年度はその効果がなくなることから成長のスピードが落ち、1.5%程度に半減すると予測している。

 一方、消費者物価の上昇率については、0.0%と3年ぶりにマイナスから抜け出し、物価の下落に歯止めがかかるとの見通しを示している。

 また、政府は12月の月例経済報告も発表した。現在の景気認識について、「足踏み状態になっている」との表現を3か月連続で据え置いた。