日テレNEWS
経済
2011年3月11日 23:50

コンビニなどは生活必需品の確保を~経産省

 経産省は、コンビニエンスストアやスーパーなど小売り関係の10団体に対して、被災者の生活必需品の確保と供給に全力を挙げるよう要請した。

 大手スーパー「イオン」は、地震の被害があった地域のほとんどの店舗で11日は営業を見合わせたものの、12日以降は可能な限り営業すると話している。また、被災地の対策本部の要請を受けて、ペットボトルの水やおにぎり、毛布などの物資を調達し、現地に運ぶ予定。

 また、コンビニエンスストア「ローソン」も、水やカップラーメン、使い捨てカイロなどの援助物資を被災地に届ける予定。