日テレNEWS
経済
2011年3月12日 5:48

ライフラインの状況 12日午前3時現在

 宮城・茨城沖大地震によるライフラインへの影響は、12日午前3時現在、以下の通り。

 原子力安全・保安院などによると、東北地方では11日午後10時現在、青森県、岩手県、秋田県、宮城県の全域、山形県のほぼ全域、福島県の一部地域で、計約440万戸が停電している。

 関東地方などでは12日午前0時半現在、茨城県の全域のほか、群馬、栃木、千葉、神奈川、埼玉、山梨、静岡の各県、東京・町田市の一部地域で、計約222万戸が停電している。

 「東京電力」では、電気の供給力が不足するおそれがあることから、不要な電気機器の使用を控えるなど、節電への協力を呼びかけている。

 仙台市ガス局では、市内の約36万戸全てでガスの供給が停止している。「塩釜ガス」では、塩釜市内など1万2000戸で供給が停止し、福島ガスでも福島市内の2726戸が停止をしている。

 関東地方では、「東京ガス」が日立市など茨城県内の約3万500戸で供給を停止し、神奈川・秦野市にある「秦野ガス」でも330戸への供給を停止している。千葉県にある「京葉ガス」では、八千代市内で供給を停止している。

 厚労省によると、岩手県の二戸市と久慈市、山形県の山形市と長井市で断水している。また、千葉・佐倉市内で約3万戸、群馬・渋川市で6000戸、栃木・那須町で4000戸が断水している。宮城県や山形県、茨城県などについては情報を収集中だという。