日テレNEWS
経済
2011年3月17日 17:00

大規模停電のおそれ、経産相が節電呼びかけ

大規模停電のおそれ、経産相が節電呼びかけ
(c)NNN

 海江田経産相は17日午後、電力需要が急増していることから、17日夕方から夜にかけて予測不能な大規模な停電が発生するおそれがあるとして、より一層の節電を呼びかけた。

 これは、海江田経産相が17日午後3時過ぎから記者会見を行い、発表したもの。それによると、「東京電力」管内の17日の電力供給量は3350万キロワットだが、17日は暖房の使用などによって電力消費量が急増しているという。すでに午前中のピーク時には3292万キロワットを記録しており、需給のバランスはギリギリの状況になっている。

 今後、電力需要がピークを迎える夕方から夜にかけて需要量が供給量を大幅に上回り、予測不能な大規模停電が発生するおそれがあることから、海江田経産相は「不要不急の電気機器の使用を控えるなど、節電に協力してほしい」と呼びかけている。