日テレNEWS
経済
2011年4月5日 16:26

日経平均9615円55銭 5日終値

日経平均9615円55銭 5日終値
(c)NNN

 5日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げ、前日比103円34銭安い9615円55銭で取引を終えた。

 福島第一原子力発電所で放射性物質に汚染された水の海への放出が始まったことなどによる経済への影響を懸念する動きが投資家の間では強まり、東証1部の約9割の銘柄が値下がりした。このため、アメリカの株高に円安傾向、アジア各国の主な株式市場でも値を上げるという好材料にもかかわらず、東京株式市場は厳しい値動きとなった。

 個別銘柄では、原発問題を抱える「東京電力」が59年ぶりに上場来安値を更新、1日の値下げ幅の下限まで下落する「ストップ安」となった。

 東証1部の売買代金は概算で1兆5335億円、売買高は概算で26億1850万株。