日テレNEWS
経済
2011年4月22日 21:09

自家発電設備導入の企業に補助金~経産省

自家発電設備導入の企業に補助金~経産省
(c)NNN

 夏の電力不足への対策として、経産省は、自家発電設備の導入に補助金を出すことを11年度第1次補正予算案の中で決めた。

 経産省は、ガスタービン設備や、ディーゼル発電機などの自家発電設備を新設したり、休眠から立ち上げたりする企業に対し、最大で費用の半分を補助する方針。「東京電力」か「東北電力」に500キロワット以上供給できることが条件となる。100億円を計上して、企業から約20万キロワットの供給力を確保できると見込んでいる。

 また、中小企業の工場や飲食店など電力の小口の利用者に対して、専門家が訪問し、節電のアドバイスをする制度も創設する方針。

 政府は、電力会社の供給力上積みに加えて、これらの対策をとることで夏の電力不足に対応する考え。