日テレNEWS
経済
2011年5月13日 12:27

原発事故 東電賠償支援の枠組み正式決定

原発事故 東電賠償支援の枠組み正式決定
(c)NNN

 政府は13日、福島第一原子力発電所の事故に伴う「東京電力」の損害賠償を支援する枠組みを正式に決定した。

 政府が決定した支援の枠組みでは、新たな機構をつくり、この機構から東京電力の賠償金を援助することになる。機構には、政府がいつでも換金できる国債の一種「交付国債」を発行する他、東京電力と、原発を持つ他の電力会社も負担金を拠出する。一方で、東京電力の資産売却やリストラを監視するための専門家チームをつくり、実質的に政府の管理下に置く。

 東京電力管内などでは、燃料費の増加による電気料金の値上げが避けられないが、賠償を進める中で、負担金を出す他の電力会社でも値上げが行われる可能性がある。