日テレNEWS
経済
2011年5月19日 18:45

日経平均9620円82銭 19日終値

日経平均9620円82銭 19日終値
(c)NNN

 19日の東京株式市場で、日経平均株価は3日ぶりに値を下げた。終値は前日比41円26銭安い9620円82銭。

 前日のアメリカ・ニューヨーク株式市場でダウ平均株価が値を上げたことから、朝方の東京株式市場は買い注文が先行し、日経平均株価は、取引時間中としては4営業日ぶりに9700円台を回復する場面があった。しかし、取引開始前に発表された1月から3月期の実質GDP(=国内総生産)の速報値が市場の予想を大きく下回ったことを受け、徐々に売り注文が広がった。また、「東京電力」の賠償問題をめぐり、枝野官房長官が銀行の債権放棄の必要性についてあらためて示唆したことから、銀行株の下落が目立った。

 東証1部の売買代金は概算で1兆1451億円。売買高は概算で16億7082万株。