日テレNEWS
経済
2011年5月31日 13:15

一体改革案「消費税率10%まで引き上げ」

一体改革案「消費税率10%まで引き上げ」
(c)NNN

 6月2日に政府・与党の集中検討会議がまとめる予定の「社会保障と税の一体改革」の案の中に、15年度までに消費税率を10%まで段階的に引き上げることが盛り込まれることが明らかになった。

 この案には、新たに拡充する社会保障費の増加分などを賄う財源として、15年度までに消費税率を10%まで段階的に引き上げることが盛り込まれる見通し。社会保障制度の改革については、低所得者への年金支給額を上乗せすることを盛り込む一方で、高所得者に対しては年収1000万円以上から基礎年金を減額することを給付の見直しの具体的な検討例として提示する。

 この他、医療機関で受診した際に、診療費と別に100円程度の定額負担を求めることが盛り込まれる。