日テレNEWS
経済
2011年5月31日 21:38

避難地域の中小企業、補償金請求受け付けへ

避難地域の中小企業、補償金請求受け付けへ
(c)NNN

 「東京電力」は31日、福島第一原子力発電所事故で避難している地域の中小企業に対し、6月1日から補償金の請求を受け付けることを発表した。

 補償金については、過去の決算書、または確定申告書を確認した上で、3月12日から5月31日までの売上高から売上原価を差し引いた「粗利益」となるはずだった金額の2分の1を支払うという。上限は250万円で、必要書類を用意できない場合は営業実態を証明する書類を確認し、20万円を支払う。

 東京電力によると、避難した被災者を対象に31日までに5万世帯の補償金の仮払いが完了し、総額470億円を振り込んだという。