日テレNEWS
経済
2011年6月30日 13:38

自動車業界「休日振り替え」を順次スタート

自動車業界「休日振り替え」を順次スタート
(c)NNN

 夏の電力不足が懸念される中、自動車業界は、電力の使用量が多い平日を休みにする「休日振り替え」を30日から順次スタートした。これにより、全国で60万人以上が土日出勤となる見込み。

 「日産自動車」九州工場(福岡・苅田町)では、30日から木曜日と金曜日は生産ラインを全て止めて、休日とする。自動車業界では、部品メーカーも含む全国のメーカーで、電力使用量の多い木曜日を含む平日2日を休みにして土日に出勤することで、電力不足に対応する。

 政府は7月1日から、「東京電力」と「東北電力」の管内で、企業や家庭に一律15%の節電を求めている。多くの企業では、涼しい時間から勤務が始められるように「サマータイム」を導入したり、電力消費の大きいエアコンの使用を控えるため、従業員一人一人に扇風機を配ったりする取り組みをすでに始めている。電気の大口の利用者は、15%カットが守れない場合、100万円以下の罰金となることもある。