日テレNEWS
経済
2011年8月2日 10:52

円急騰 野田財務相、為替介入で明言避ける

円急騰 野田財務相、為替介入で明言避ける
(c)NNN

 現地時間1日のアメリカ・ニューヨーク外国為替市場で、円相場が一時、1ドル=76円台前半まで上昇した。この円高に産業界などから為替介入を求める声が上がっているが、野田財務相は2日朝の会見で明言を避けた。

 現地時間1日のニューヨーク外国為替市場で、円相場は、アメリカの景気の先行きへの不安から、一時、1ドル=76円29銭まで円高が進み、東日本大震災直後につけた戦後最高値(76円25銭)目前まで迫った。2日午前9時に始まった東京外国為替市場では、政府と日銀が円売り為替介入をするのではという警戒感から、少し値を戻し、2日午前10時10分現在、77円台半ばで取引されている。

 この円高に産業界などから為替介入を求める声が上がっているが、野田財務相は2日朝の会見で「コメントは控える」として明言を避けた。一方で、「あらゆるところと様々なコミュニケーションを図っている」と述べ、円高是正の方策について欧米の通貨当局とも協議していることをにおわせた。