日テレNEWS
経済
2011年9月22日 21:11

8月のスーパー売上高、3か月ぶりマイナス

8月のスーパー売上高、3か月ぶりマイナス
(c)NNN

 8月の全国のスーパーの売上高は前年同月比で3か月ぶりのマイナスとなった。

 日本チェーンストア協会によると、8月の全国のスーパーの売上高は1兆656億円で、前年同月比で2.2%のマイナスとなった。去年の猛暑の反動や8月下旬に雨が多かった影響で、飲料やアイスクリームなど夏向けの商品の売り上げが伸び悩んだことなどが要因。また、今年の野菜の価格が平年と比べて約8%安くなっていることから、農産品の売り上げは前年同月比で約5%減少した。

 一方で、9月1日の「防災の日」にあわせて防災コーナーを展開したことから、水タンクなどの防災関連商品の売れ行きが好調だった。