日テレNEWS
経済
2011年11月12日 3:02

TPP交渉参加方針 産業界や農業団体は

TPP交渉参加方針 産業界や農業団体は
(c)NNN

 野田首相は11日夜に会見し、TPP(=環太平洋経済連携協定)について「交渉参加に向けて関係国と協議に入る」と述べ、交渉に参加する方針を表明した。産業界や農業団体の反応は以下の通り。

 日本商工会議所・岡村会頭は「実質的に交渉参加を表明したものと理解しており、歓迎したい」と述べ、評価した。その上で、「堅実な交渉を通じ、我が国の国益の最大化を図っていただきたい」と求めた。

 一方、参加に慎重な立場の鹿野農水相は「民主党内で議論してまとめたものを、しっかり受け止めてもらえた」と述べ、「TPP交渉参加を前提にしたものではない」との認識を示した。

 また、全国農業協同組合中央会(JA全中)・萬歳章会長は「参加を断念していないという状況からして、非常に遺憾な判断だ」と述べた。さらに、一旦交渉に参加すれば途中離脱は難しいとの見解を示し、「方法があるなら徹底的に断固阻止を貫きたい」と主張した。