日テレNEWS
経済
2011年11月17日 3:32

配偶者控除の廃止・縮小、来年度は見送り

 来年度の税制改正で焦点の一つとなっている配偶者控除について、廃止・縮小が見送られることになった。16日の政府税制調査会後の記者会見で、五十嵐財務副大臣が明らかにした。

 配偶者控除をめぐっては、「専業主婦の優遇だ」との批判があり、来年度の税制改正で見直しを検討することが決まっていた。しかし、政府税制調査会が検討を進めた結果、所得税の抜本改革とともに議論すべきだとして、廃止・縮小に関しては再来年度以降の改正に先送りされることになった。