日テレNEWS
経済
2012年1月6日 18:08

オリンパス元社長 解任不当…提訴する考え

 「オリンパス」の損失隠しを追及して社長を解任されたマイケル・ウッドフォード氏は6日、自らの社長復帰を含む新たな経営陣の選出を断念した。また、自らが社長を解任されことを不当として、今後、オリンパスを提訴する考えもあることを明らかにした。

 ウッドフォード氏は、株主らから委任状を獲得した上で、3月にも開かれる臨時株主総会で、新たな経営陣と自らの社長復帰を提案する意向だったが、オリンパス株を大量に保有する国内の機関投資家らの賛同を得られず、これを断念した。