日テレNEWS
経済
2012年2月28日 22:09

巨額赤字のパナソニック 社長交代を発表

巨額赤字のパナソニック 社長交代を発表
(c)NNN

 11年度の連結決算で過去最悪となる7800億円の赤字見通しとなった「パナソニック」は28日、社長を交代すると発表した。

 パナソニックは28日、大坪文雄社長が会長に就任し、津賀一宏専務(55)が社長に昇格すると発表した。津賀氏は79年に入社、過去にはDVDなどの技術開発を行い、去年からはテレビ事業を担当している。

 津賀氏「経営を取り巻く環境の厳しさに立ち向かう決意と、新たな体制でスタートしたパナソニックの船出の鍵を握るという心躍る思いが芽生えた」

 パナソニックは、テレビ事業の落ち込みに加え、「サンヨー」の完全子会社化に伴う経費が膨らんだことで、11年度は連結で過去最大となる7800億円の赤字を見通している。今回の経営陣の刷新により、立て直しを図る方針。