日テレNEWS
経済
2012年3月5日 17:00

経産省本庁舎の電力、入札業者なし

経産省本庁舎の電力、入札業者なし
(c)NNN

 経産省が、12年度に本庁舎で使う電力を一般競争入札で調達しようとしたところ、応札した電気事業者がいなかったことがわかった。

 経産省による入札は、より割安な電気を調達するために行っているものだが、今回、PPS(=電力の小売り事業者)を含めて応札はゼロだったという。契約電力50キロワット以上の主に工場や事業者向けの電気料金をめぐっては、「東京電力」が4月から平均17%値上げすることを決めている。このため、割安な電力を求めてPPSと契約する動きが企業や自治体に広がっており、PPSの供給量が足りなくなるなどして応札できなかったものとみられる。

 経産省ではこれまで、平均4~5社が入札に参加し、最終的には東京電力より割安なPPSが契約していた。12年度については、入札は成立しなかったが、東京電力より安くなるようPPSとの随意契約を調整している。