日テレNEWS
経済
2012年3月12日 14:20

1月機械受注7578億円 2か月ぶり増

1月機械受注7578億円 2か月ぶり増
(c)NNN

 内閣府が12日朝に発表した1月の機械受注統計によると、企業の設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除いた民需」は、前月比3.4%増となる7578億円で、2か月ぶりのプラスとなった。

 自動車が4か月連続プラスと堅調な他、スマートフォン(多機能携帯電話)向け基地局の装置の受注が増えたことなどが要因で、発表前の市場の予想を上回っている。

 ただ、一部の業種ではマイナスの動きも見られることから、基調判断は「一進一退で推移している」と5か月連続の同じ表現に据え置かれた。