日テレNEWS
経済
2012年3月29日 22:37

政府、エネルギー構造改革の推進を決定

政府、エネルギー構造改革の推進を決定
(c)NNN

 政府は29日、エネルギー・環境会議を開き、エネルギー構造改革を進めることなどを目指したアクションプランを決定した。

 アクションプランは28の重点項目から成っている。このうち、「再生可能エネルギー」では、太陽光発電の立地に関する規制緩和や、風力発電に参入する際の審査手続きが簡素化される。また、「省エネの推進」では、住宅と建築物に関する新たな省エネ基準や認定制度をつくる。

 政府は、これらの重点項目を順次実施し、夏に向けた電力不足や電力コストの上昇をなるべく低く抑える他、中長期的な成長に結びつけたい考え。