日テレNEWS
経済
2012年4月6日 14:01

投資運用業者、約半数が外部監査を受けず

投資運用業者、約半数が外部監査を受けず
(c)NNN

 「AIJ投資顧問」による年金資金の消失問題を受け、金融庁が行っている投資運用業者への一斉調査で、約半数が外部の監査を受けていないことがわかった。

 金融庁は6日午後、投資運用業者265社に対して行っている一斉調査の結果を発表する。調査結果によると、265社のうち、AIJのように顧客と投資一任契約を結んでいる業者は229社で、このうち監査法人など外部のチェックを受けている業者は約半数の112社にとどまることがわかった。

 金融庁は現在、投資運用会社に対して外部の監査を義務づけていない。AIJは運用利回りを偽って顧客を拡大していたことから、今後、このような事件の再発防止策として、外部監査の強化などを検討することにしている。