日テレNEWS
経済
2012年4月13日 17:09

日経平均9637円99銭 13日終値

日経平均9637円99銭 13日終値
(c)NNN

 13日の東京株式市場で、日経平均株価終値は前日比113円20銭高い9637円99銭と、終値としては5営業日ぶりに9600円台を回復した。

 13日朝の東京株式市場は、前日の欧米の主な株式市場で株価が軒並み大きく上昇したことに加え、北朝鮮の事実上のミサイル発射が失敗したことで安心感が広がり、幅広い銘柄に買い注文が先行した。また、外国為替市場で円が売られたことも輸出関連株などのプラス材料となり、日経平均株価は9700円に迫る場面も見られた。しかし、中国の1月から3月期のGDP(=国内総生産)が市場予想を下回る8.1%増と5四半期連続の鈍化となったことが市場の重荷となり、午後には株価が伸び悩む展開が目立った。

 東証1部の売買代金は概算で1兆5832億円。売買高は概算で21億5453万株。