日テレNEWS
経済
2012年5月15日 22:57

大手銀行12年3月期 3社とも増益

大手銀行12年3月期 3社とも増益
(c)NNN

 大手銀行グループ3社の12年3月期決算は、3社とも純利益が前年同期比でプラスとなった。日米などの国債価格が上昇し、国債の売買益が増加したことやアジアなどの海外資金の収益が伸びたことなどが要因。

 「三菱UFJフィナンシャル・グループ」が前年同期比68.3%増の9813億円、「三井住友フィナンシャルグループ」が同9%増の5185億円、「みずほフィナンシャルグループ」が同17.2%増の4845億円となっている。

 13年3月期の見通しについては、三菱UFJと三井住友は、欧州経済の見通しに不透明感が増すなど、経営環境の悪化などを想定し、減益を見込んでいる。一方、みずほフィナンシャルグループは、銀行部分の再編効果で増益を見込んでいる。