日テレNEWS
経済
2012年6月27日 22:17

東京電力、株主総会で事実上の国有化決定

東京電力、株主総会で事実上の国有化決定
(c)NNN

 「東京電力」の株主総会が27日、東京・渋谷区の国立代々木競技場第一体育館で行われ、東電が提案した1兆円の公的資金の注入が可決されて事実上の国有化が決定した。

 総会では、冒頭から勝俣会長の議事進行に動議が出るなど、株主らの怒号に包まれた。筆頭株主の東京都は、経営の合理化を求める提案を出し、猪瀬副知事が東電の経営について批判したが、都の提案は否決された。一方で、東電が提案した1兆円の公的資金の注入は可決され、事実上の国有化が決まった。

 今年の株主総会に出席した株主は4471人と去年より半減したが、時間は5時間半で過去2番目の長さとなった。