日テレNEWS
経済
2012年7月27日 17:36

日経平均、4日ぶりに8500円台を回復

日経平均、4日ぶりに8500円台を回復
(c)NNN

 27日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日比123円54銭高い8566円64銭となり、4日ぶりに8500円台を回復した。

 ECB(=ヨーロッパ中央銀行)・ドラギ総裁が「ユーロを守るためにあらゆる手段をとる用意がある」と発言したことを受け、前日の欧米の主な株式市場は、ヨーロッパ信用不安への過度な警戒感が和らぎ、軒並み値を上げた。この流れを引き継ぎ、27日朝の東京株式市場も、幅広い銘柄に買い注文が先行した。外国為替市場で円がユーロに対してやや円安に振れていることも輸出関連株などのプラス材料となった。

 ただ、来週にFOMC(=アメリカ連邦公開市場委員会)やECB理事会など重要日程を控え、市場には様子見空気も強く、午後になると積極的な売買は限られた。

 東証1部の売買代金は概算で9638億円、売買高は概算で16億6506万株。