日テレNEWS
経済
2012年8月13日 11:36

4~6月期GDP成長率、4期連続プラス

4~6月期GDP成長率、4期連続プラス
(c)NNN

 12年4~6月期のGDP(=国内総生産)の成長率は、実質で前期比0.3%増、年率に換算して1.4%増で、4期連続のプラスとなった。

 東日本大震災からの復興需要で、公共投資も引き続きGDPを押し上げた。一方で、エコカー補助金の効果などで個人消費も0.1%増となったものの、伸びは鈍くなっている。

 また、GDPの伸び率への影響を示す寄与度でみると、内需が0.4%増えているのに対し、外需は0.1%減っている。政府はこの結果について、ヨーロッパの政府債務危機を背景に世界経済全体が減速傾向にあることが要因とみている。

 物価の動きを示すGDPデフレーターは前年同期比1.1%減で、11期連続でマイナスとなり、デフレが続いていることを示す結果となった。