日テレNEWS
経済
2012年9月8日 2:59

政府、5兆円分の支出遅らせる閣議決定

政府、5兆円分の支出遅らせる閣議決定
(c)NNN

 今年度予算の財源となる赤字国債を発行する法案が今国会で成立しないことから、政府は7日、今後の予算のうち約5兆円分の支出を遅らせる異例の閣議決定を行った。

 支出が遅れるもののうち規模が大きいものは、使途を定めずに国が自治体に渡す地方交付税で、今後、時期が遅れれば、自治体が独自で行う福祉サービスなどに影響が出る可能性がある。

 また、民間向けの補助金も新たな交付が行われないため、シルバー人材センターを通した高齢者の雇用機会の確保などが困難になる可能性もある。

 財務省は、今後の予算のうち5兆円分の執行を抑えることで、予算が底をつく時期は12月上旬まで延びるとしている。一方、医療、介護、生活保護、安全保障・治安維持などの分野は、予算の執行を遅らせる対象外となっている。