日テレNEWS
経済
2012年9月22日 1:05

野田首相再選 経済3団体トップが歓迎

 21日の民主党代表選挙で野田首相が再選したことを受け、経済団体のトップらから、これまでの評価と今後の注文についての声が相次いだ。

 経団連・米倉会長は、野田首相について、社会保障と税の一体改革法を成立させたことを評価し、「国政を担うにふさわしい、優れた政治リーダー」と再選を歓迎した。その上で、TPP(=環太平洋経済連携協定)への参加や、エネルギー政策の見直しなどについて、「決断し実行する政治を進めていただきたい」と求めた。

 経済同友会・長谷川代表幹事も「一定の成果を上げてきた」と野田首相を評価し、速やかに組閣して、震災復興や外交問題など、山積している政治課題の解決に期待感を示した。

 また、日本商工会議所・岡村会頭は、デフレからの脱却や中小企業活性化などに向け、「強いリーダーシップのもと、責任ある政治を行っていただきたい」とコメントした。