日テレNEWS
経済
2012年10月15日 23:01

ソフトバンク 買収で世界3位の携帯会社へ

ソフトバンク 買収で世界3位の携帯会社へ
(c)NNN

 国内携帯電話3位の「ソフトバンク」は15日、アメリカの携帯電話3位「スプリント・ネクステル」を買収すると正式に発表した。これにより、ソフトバンクは売上高で世界3位の携帯電話会社になるという。

 ソフトバンクは15日午後に会見を行い、スプリント・ネクステルを約1兆5700億円で買収することで最終合意したと発表した。

 「ソフトバンクは、成長のダブルエンジンを得た。世界レベルの経営基盤にすることで、設備投資がさらに加速できる」-孫正義社長は買収に至った理由として、アメリカは巨大市場でスマートフォンが急成長する一方で、通信速度が日本の約半分しかなく、「大きなポテンシャルがある」と述べた。

 ソフトバンクは、来年半ばまでにスプリント・ネクステルの株式の70%を取得して子会社化するとしている。