日テレNEWS
経済
2012年10月31日 12:46

ソフトバンク、株式保有比率の引き下げ検討

ソフトバンク、株式保有比率の引き下げ検討
(c)NNN

 国内携帯電話3位の「ソフトバンク」が、経営統合すると発表していた4位の「イー・アクセス」の株式保有比率を引き下げる方向で検討していることがわかった。

 ソフトバンクは1日、イー・アクセスと株式を交換する契約を結び、年内に完全子会社化することを目指すと発表していた。しかし、これによってイー・アクセスが総務省に示していた基地局の開設計画が遂行できなくなるおそれがあることなどから、総務省と調整を行っていた。

 関係者によると、ソフトバンクはこの状況に配慮して、イー・アクセスをいったん完全子会社化した後、株式保有比率を3分の1未満に引き下げる方向で検討しているという。ソフトバンクは引き続き、総務省と協議していく方針。