日テレNEWS
経済
2012年11月9日 13:05

スズキが12億円申告漏れ 販促費を前倒し

スズキが12億円申告漏れ 販促費を前倒し
(c)NNN

 自動車メーカー「スズキ」が名古屋国税局の税務調査を受け、去年3月までの2年間で約12億2000万円の申告漏れを指摘されたことがわかった。そのうち約3億8000万円が所得隠しと認定されており、スズキは修正申告を済ませたという。

 関係者によると、名古屋国税局からスズキが申告漏れを指摘された額は12億2000万円で、そのうち約3億8000万円が意図的な所得隠しであると名古屋国税局は判断、スズキに対して約2億円を追徴課税した。スズキは、タイの製造販売会社に支払ったバイクの販売促進費を前倒しして計上していたという。

 NNNの取材に対し、スズキは「見解の相違はあったが、国税局の指摘を真摯(しんし)に受け止め、適切に納税を済ませた」としている。