日テレNEWS
経済
2012年12月4日 17:00

シャープ、クアルコムの出資受け入れで調整

シャープ、クアルコムの出資受け入れで調整
(c)NNN

 経営再建中の「シャープ」は、アメリカ半導体大手「クアルコム」からの出資受け入れと共同開発で最終調整に入ったことがわかった。

 シャープが最大で100億円の出資を受け入れる方向で最終調整をしているクアルコムは、スマートフォンなど中小型向けパネルを開発する企業を傘下に持っている。シャープはクアルコムと、液晶よりも消費電力が少ない次世代パネルをスマートフォン向けに共同開発する方針。

 シャープは、中小型パネル事業を経営再建の柱としていて、中でも、「IGZO(イグゾー)」と呼ばれる、従来の半分以下の消費電力の、独自の液晶パネル技術を切り札としている。